腸内洗浄は便秘に効果なし?危険性についても言及

腸内洗浄 腸内環境

こんにちは、【腸もみ専門店】腸整サロン銀座店代表の堀内拓矢です。

(看護師、保健師資格あり)

 

この記事では、

「腸内洗浄は便秘に効果なし?」

 1、腸内洗浄とは

 2、便秘や宿便を解消する効果はあるのか

「腸内洗浄の危険性や副作用とは?」

についてお答えします。

 

 

腸内洗浄は便秘に効果なし?

 

たまに当サロンに来られるお客さまのなかに、「便秘で溜まっているんで、腸の中身を全部洗い出したいくらいです!」と仰る方がいらっしゃいます。

 

 

僕の場合は旅行に行くなど環境の変化で1日便秘するということがあるのですが、割と気分が悪くなります。

 

なので数日〜数週間に一度しか排便がないという形でご来店されるお客さまが、そう仰る気持ちはよくわかります。

 

そんな「腸の中を洗いたい!」をそのまま行っているのが腸内洗浄ですので、今回はそれについて言及していきます。

 

1、腸内洗浄とは

 

簡単にいうとお尻から大腸にお湯を流し込み、大腸に溜まっている便を洗い流す療法です。

日本ではそこまで人気なものではないですが、腸洗浄を行ったことで胃腸患者40,000人の内39,980人が手術を回避することができたため、アメリカでは大ブームが起こったとされています。

 

 

また、腸内洗浄と似たものにコーヒーエネマ(コーヒー浣腸)というものもあります。

これはゲルソン療法というガン治療のうちのひとつでもあり、本当の目的は便を出すことではなく肝機能を活性化させて血液をきれいにさせることです。

 

 

僕自身はどちらも受けたことはないですが、当サロンのお客さま含めてそれぞれ受けたことのある方々のお話を実際に聞く限りではちゃんと便も出て気持ち良かったとのことでした。

 

 

ちなみに腸内洗浄には病院やクリニックで行うもの自宅でできるものとがあります。

病院やクリニックでの施術の料金相場は1回あたり2万円前後である傾向にあります。

どちらの場合も保険適応外ではありますが、自宅でできるものの方が料金は安いですね。

 

2、便秘や宿便を解消する効果はあるのか

 

腸内洗浄というのは基本的に1回の施術でで大腸内の便を全て出せるわけではないので、一般には通院することにより複数回の施術で徐々に大腸内を綺麗にしていくものです。

 

つまり便秘を解消するものというよりかは、現時点で大腸に溜まっているお通じを強制的に出していく施術ということです。

 

 

ですので、便が溜まってしまう原因が解消されるわけではありません。

便秘になる原因の大部分は食事によるものなので、食事を整えていくことが便秘解消の基本的なスタンスなのは変わりません。

 

ちゃんとそれは腸内洗浄を実施している医院にも書いてありました。

 

それと宿便に関してですが、腸内洗浄で宿便が取れることはございません。(※)

なぜならば宿便は小腸に溜まっているものなので、大腸にしかアプローチできない腸内洗浄では宿便を取ることはできないのです。

 

(※) 宿便には定義がありません。あくまで当サロンでは『実際に小腸内に年単位で溜まっている老廃物』を宿便としておりますので、宿便に関する表現は個人個人で異なるのが通常です。

 

 

話を戻すと、小腸の宿便を少なくしていくことで結果的に大腸の環境も含めて身体の状態が勝手に整っていきます

 

今回の記事ではそこを詳しく深掘りすると本筋とズレてしまうのでこれ以上言及はしませんが、この記事からホームページもしくは他のブログに飛べば詳しくそれについて書いております。

 

 

結論として腸内洗浄をやる効果はあることが多いと思われますが、便秘の根本的なアプローチではございません。

 

腸内洗浄を受けても食事は変えていかなければすぐにまた元の状態に戻ってしまうので、オススメ度は低いです。

 

 

ただし、食事指導がちゃんとついていてその人に状態に合わせて食事のアドバイスをしてくれるような医院であれば、腸内洗浄を受けてみる価値はあると思います。

 

 

施術を受けてその時に溜まった便を出すというのはただの対症療法なので、毎回便秘になった時に腸内洗浄を受けないといけないというのは『便秘が解消するもの』とは僕は思わないです。

 

腸内洗浄の危険性や副作用とは?

 

最後に重要なことをお伝えすると、腸内洗浄には危険性や副作用、施術後の合併症があります

 

まずは危険性や合併症についてお話しします。

腸内洗浄のやり方とは、肛門からチューブを挿入して大量のお湯を入れるというものです。

その際に下痢の時みたいなお腹の痛みが出現することがあるそうですが、それ自体は施術が終われば落ち着くので心配いりません。(稀に施術後にも痛みが生じる場合はあり)

 

 

問題としては、妊娠中であったり重症な痔があったり1年以内にポリープの切除や腹部の手術を受けている場合などなど、そもそも腸内洗浄を受けてはいけない場合が存在することです。

(現状のままでは腸内洗浄を受けてはいけないと医師が判断する場合もあります)

 

 

それとは別に、肛門に差し込む専用の機材が原因で出血が生じる場合もありますし、仮に施術中に問題が起きなくても帰った後に出血などの問題が発生する可能性もあります。

 

 

ただし、軽度の出血であれば数日以内に治ることが多いようなので様子見して大丈夫とのことです。

 

したがって、腸内洗浄を受ける前にはあなたが今受けられる状態であるかどうかを確認することが非常に大事だと言えます。

 

 

次に副作用についてです。

先ほど説明した腹痛以外にも悪心(気持ち悪さ)、嘔吐、腹部膨満感(お腹の張り)が生じる場合があります。

その他、便が緩くなる場合もあるとのことでした。

 

 

あと副作用とは少し違いますが、腸内洗浄後は食事に注意が必要だと伝えている医院が多いです。

ただし、コレは食べちゃダメ!と強い禁止までしているところはありませんでした。

 

とはいえ施術によって腸内環境が良くなっているため、消化の良い軽い食事で大腸を休ませてあげることが大切だと思います。

 

 

それに少なくとも大腸には多少の負担がかかったことや、悪玉菌や善玉菌までもが排泄されてしまっている状態であることは確かです。

 

好きなものを食べたくなる気持ちはわかるのですが、せっかく施術を受けたならば食事には気をつけた方がいいと思います。

 

 

以上、『腸内洗浄は便秘に効果なし?危険性についても言及』についてお伝えしました。

 

腸整サロン銀座店では小腸内に溜まった宿便を腸もみで減らし、誰でも取り組めるレベルの食事指導を行っています。

その結果、ほとんどの方が3ヶ月以内には腸内環境が変化して悩みが解消される経験をしております。

 

詳細は当サロンのホームページをご確認ください。

【腸もみ専門店】腸整サロン銀座店

関連記事

この記事へのコメントはありません。

腸内洗浄は便秘に効果なし?危険性についても言及