腸内環境にいい味噌とは?効果効能(栄養や塩分)と選び方について【発酵食品】

ダイエット 健康 食事

 

こんにちは、ほりうち先生です。

 

この記事では、

「味噌の効果や効能って何?」

「どんな味噌を選べばいいの?」

「おすすめの味噌を知りたい」

という疑問にお答えします。

 

【発酵食品】味噌の効果や効能とは?【腸内環境】

 

味噌は言わずと知れた発酵食品として、広く腸内環境にとっていいものであると

認識がされているかと思います。

 

もちろんそれそのものは間違いありません。

味噌を含め、発酵食品からは善玉菌という腸内細菌をとることができます。

 

善玉菌には色々あるのですが、代表的なところでいうと、

『乳酸菌』、『ビフィズス菌』、『麹菌』、『酵母菌』

などがあり、腸内環境の改善腸管運動の促進

増えすぎると有害物質をつくり腸内環境を悪化させる悪玉菌の抑制に働く菌など

様々な活躍をしてくれております。

 

そして発酵食品には、消化の負担を助けたり免疫細胞を活性化させるなどの役割も担っております。

 

ちなみに僕自身も含めて、たくさんの方々が

「腸には食物繊維がいいからたくさん食べてね!」

ということをお伝えしていますが、

食物繊維は善玉菌たちのエサになって善玉菌を助けてくれるから重要なのです。

 

つまり、善玉菌そのものになるものと善玉菌のエサを食事から摂ることで

しっかりと腸を整えて行くことが大切なのですね。

 

そして”本物”の味噌とは、大豆に米や麦といった麹を加えて発酵・熟成させたものです。

こういう味噌はタンパク質がアミノ酸に変換されているので消化が楽なのですね。

さらに、そういう味噌には植物性乳酸菌も含まれているのですが、

こちらは動物性乳酸菌よりも腸に生着しやすいとされております。

 

特に日本人には馴染みの深い食べ物ですので、我々の身体にとても合っているのです。

そういった意味でも味噌は、同じ発酵食品の中でも積極的に摂りたい部類のものなのですね。

 

本物の味噌の選び方

 

ではここで味噌の選び方を紹介します。

「味噌なんて味が違うだけでしょ?好みのものでいいんじゃないの?」

と思う気持ちはわかります。

 

しかし、実は上記に述べた発酵食品としての効果を発揮する味噌は意外と少ないのが実情です。

つまり、市販されている味噌の大部分が発酵食品として機能していないのです。

どういうことかと言いますと、

多くの味噌には発酵の促進によりガスが生じて容器の破損を防ぐために酒精が使われております。

 

この酒精は、味噌に含まれる乳酸菌や酵母菌などを殺してしまうため、

酒精の含まれた味噌からは発酵食品としての恩恵が受けられないのです。

 

ですから健康などを意識して腸内環境を高めるために味噌を取り入れていくのであれば、

本物の味噌を買う必要があるのです。

 

ですのでここからは本物の味噌である条件をお伝えします。

 

まずチェックするのは原材料です。

ここに、『大豆』、『塩』、『麹』以外のものが入っていないかを確認して入っていたら買うのを避けてください。

 

市販品には調味料(アミノ酸等)や鰹節エキスなどよくわからない添加物がたくさん入っている味噌が多いですが、それらは発酵食品としての味噌の役割を果たせいません。

基本的に大豆、塩、麹の3種類のみが入っていればOKです。

麹の部分は、商品によっては米麹や麦麹と記載されていますが、これはお好みで選んでいただいて大丈夫です。

余裕があれば原材料に国産100%の記載があるものだとなお良しです。

 

もちろんとりあえず風味や味だけ楽しめればいいんだという方であれば、

好きな味噌を買うといいと思います。

 

続いて、容器の蓋に、味噌を呼吸させるための穴が空いているかどうかを確認しましょう。

これは味噌の中で生きた麹菌が呼吸をして、

容器を破損させないようにするために開けられた穴です。

 

穴は蓋になっているパッケージの部分をよく見ると確認できますので、探してみてください。

出典:https://www.hikarimiso.co.jp/

 

ちなみに味噌は酒精などを使う以外に菌の活動を止める方法があるのです。

それが加熱です。

 

つまり原材料が良くても蓋に穴が空いていないとするならば、

容器の破損を防ぐために加熱して殺菌されている可能性があります。。。

 

せっかく素材にこだわって買ったのに、実は殺菌されていたというのは

ショックすぎるので、穴が空いているかは要確認した方がいいですね。

『非加熱』と表示が書いてあるやつだと安心です。

 

おすすめの味噌

 

では最後におすすめの味噌を紹介します。

 

1、無添加こうじみそ

 

こちらは料金が安く、スーパーでも売っているので手頃で買える味噌です。

糀本来の甘み・うま味もあり初心者でも手を出しやすい一品です。

 

「身体にいい味噌って色々あるんだろうけど、何がおすすめなの?」

と聞かれたら僕はこちらの味噌をおすすめします。

 

ひかり味噌 無添加 円熟こうじみそ 750g はコチラから

 

2、マルカワみそ 自然栽培味噌 未来400g 天然麹菌の無添加生味噌

 

先ほどとは変わってコストが多少かかりますが、その分、

天然菌を使った長期熟成にこだわった国内屈指のメーカー。

『本物を味わったらもう戻れません』という謳い文句からは十分な自信が感じられます。

 

もちろん味はこれまでの味噌のイメージを覆すくらいに美味しかったです。

1回リピートしましたが、自分の場合は美味しさはここまでなくてもいいから、

もう少しコストを抑えたなかで本物の味噌を買いました。

 

ただ、この味噌を一度も味わわないのは非常にもったいないです。

一度でいいので体験してみてほしいです。

プレゼント用にもいいですね。

 

マルカワみそ 自然栽培味噌 未来400g 天然麹菌の無添加生味噌 はコチラから

 

まとめ

 

発酵食品としての恩恵を受けられる味噌を買うには

・素材に注意。大豆、麹、塩のみで作られた味噌

・味噌の蓋のパッケージに呼吸の穴が空いているもの

を選ぶ必要があります。

 

補足すると加熱処理によって菌や酵素は死んでしまうので、

味噌を使うときは火を止めた後に溶かすといいですよ。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

腸内環境にいい味噌とは?効果効能(栄養や塩分)と選び方について【発酵食品】