腸内環境を整えるコンビニの食べ物とは?【腸活】

健康 腸内環境 食事

こんにちは、【腸もみ専門店】腸整サロン銀座店代表の堀内拓矢です。

(看護師、保健師資格あり)

 

この記事では、

「コンビニ食は身体(腸)に良くないの?」

「腸内環境を整える腸活におすすめなコンビニ食ってなに?」

という疑問にお答えします。

 

 

コンビニ食は身体(腸)に良くないの?

 

結論、よくないのがほとんどです。

ただし、もちろん全てがという訳ではありませんが基本的に避けた方が無難です。

 

基本的にコンビニ食というと、おにぎりや菓子パン、スナック菓子、お惣菜のお弁当などが思い浮かぶかと思います。

 

それらには、乳化剤、保存料、亜硝酸塩などで腸内環境を守る腸内細菌が壊れたり、リン酸塩にはミネラルの吸収を阻害するなど、身体に悪影響のある添加物がふんだんに使われております。

 

さらに言えば、添加物だけでなく白砂糖や小麦なども大量に使われている商品も多いですが、白砂糖には依存性が強くついつい食べたくなってしまう側面があり、小麦に使われるグルテンは腸を傷つける他、免疫異常やアレルギーを引き起こす原因となります。

 

腸内環境が荒れると、肌質にも影響しますし、太りやすくなったり気分が落ち込んだり怒りの感情が出てきやすいなど心身ともに大きな負担となります。

 

手頃で便利なコンビニ食ですが、なるべく常用することはせず、本当に急いでいて時間がない時などに使わせていただくのがベストだと感じていますね。

 

じゃあコンビニって全然使えないじゃんと思うかもしれませんが、ご安心ください。

コンビニに置いてある食事が全て悪い訳ではございませんので、ここからは腸活にいいと思うコンビニのおすすめ商品を記していきます。

 

商品の組み合わせ次第では、栄養を十分に補給することができますので、ぜひ参考にしてみてください

 

ちなみにですが、腸にいいものを食べることはとても大切ですが、もっと大切なのは腸に悪いものを避けることです。

 

腸内環境が整っていることで取り入れた栄養を十分に吸収できますが、腸が汚れている状態ではいいものを取り入れても十分な吸収ができないため、かなりもったいないことになります。

せっかくいいものを取り入れるのであれば、良くないものはなるべく摂らないようにするといいですよ。



腸内環境を整える腸活におすすめなコンビニ食ってなに?

 

コンビニの商品は身体に良くない商品が代表的というだけで、実は意外にも腸活となる商品は多いです。

おすすめコンビニ食その1:発酵食品

 

腸活の王道とも言えるのが発酵食品です。

納豆、漬物、味噌、甘酒、ヨーグルトなどの発酵食品がコンビニでは手に入ります。

 

ただし注意点として、いくら発酵食品とはコンビニで購入できる大豆製品には残留農薬の問題があります。

なるべくそれらが少ない国産の大豆からなる製品を購入するようにしましょう。

 

ちなみにヨーグルトを買う場合には無糖・無脂肪のものをおすすめします。

そんなんじゃ美味しくないじゃん・・・と思うと思うので、その対策としては、バナナなどのフルーツやはちみつを入れて味を整えるのがいいですよ。

 

ただ、ヨーグルトそのものは発酵食品というくくりではありますが、日本人のほとんどが乳糖不耐症といって牛乳が身体に合いません

(牛乳の状態よりはヨーグルトの方が乳糖が減少しておりますので牛乳よりはマシです)

 

お腹を下したり、お腹が張ったりなどの症状が見られる場合は食べるのをやめておきましょう。

ヨーグルトを食べると調子が良いという方に関してはそのままで大丈夫ですので、ご安心ください。

 

そして同じ発酵食品でもキムチは避けておきましょう

その辺で買えるキムチは味は美味しいのですが、添加物が多い上に十分な発酵がなされていません。

 

味を楽しみたい場合は話が別ですが、腸活としては機能していないということを覚えておいてください。

 

おすすめコンビニ食その2:食物繊維

 

食物繊維は腸内細菌のエサとして、善玉菌を元気付ける役割があります。

そんな食物繊維は『不溶性』『水溶性』に分けることができて、不溶性には便のかさ増し効果、水溶性には便の流れをスムーズにする効果がございます。

 

オクラなめこ山芋里芋海藻もち麦などはコンビニでも買うことができますね。

こういったネバネバした系に食物繊維(水溶性)が多いのが特徴です。

 

ちなみに僕はナチュラルローソンに売っている『ユーグレナ きなこねじり』をおやつとしてたまに買っております。

正直めっちゃ美味しいという訳ではないのですが、腹持ちが良く砂糖ではなくきび糖を使っていることや食物繊維を含む豊富な栄養があると思われる記載なので、小腹が空いた時はお世話になっています。

 

また、フルーツにも量としてはそこまで多くないのですが、食物繊維が含まれております。

コンビニに置いてあるであろうフルーツの中で食物繊維が多い順に並べると、アボカド→キウイ→いちご→りんご→パイナップル→バナナとなります。

 

この順位でいうのもアレなのですが、僕はバナナをおすすめします。

 

理由はいつでも売っていること、手軽に食べやすいこと、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが増えること、むくみを解消するカリウムが豊富であるからなどです。

 

それに少ないとは言え、現代の日本人には圧倒的に食物繊維不足が目立っておりますので、少しでも補給できるならバナナをぜひ食べて欲しいと思っています。(ただし糖質が多いので、多くても1日2本までに留めましょう)

 

ちなみにコンビニのバナナでおすすめなのはローソンに売っている『田辺農園』のバナナです。

商品写真

出典:https://www.lawson.co.jp/

 

ここは化学肥料や除草剤も一切使用せず、自然な独自の製法で作られているのでコンビニ商品であるのが不思議なくらい安心して食べられます

 

もしご自宅にミキサーなどがございましたら、アボカドやキウイやバナナなどと混ぜてスムージーにすると美味しく手広く栄養素を確保できますので色々なものを混ぜて試してみてください。

 

最後にコンビニにはサラダもいろいろ種類が売っておりますが、今回ご紹介した素材が多い商品を手にとってみてください。

きっとよりあなたの腸活ライフが活き活きしてくるかと思います。

 

腸活に励むにあたって、今のあなたの腸が一体どういう状態なのか知りたくないですか?

それがわかる検査キットもございますので、ぜひ腸活ライフにお役立てください。

自分にぴったりの腸活がわかる!→腸内フローラ検査キット【腸内博士】

 

以上、『腸内環境を整えるコンビニの食べ物とは?』についてお伝えしました。

 

食品添加物は体外に排出することがなかなかできないものだと言われております。

ですからどんどん蓄積されてしまうために、必要な栄養素の吸収ができず余計な腸内細菌を増やしてしまうことになります。

 

食事を整えて解消する方法もございますが、時間や手間がかかることは確かです。

 

そこで、より手っ取り早く腸内環境を整えられるものが腸もみです。

当サロンはそんな腸内に溜まった宿便を施術により減らして腸内環境を改善するための施術を行っております。

 

腸もみ施術のご予約、またはオンラインで行う腸活コーチングのご予約は下記の公式LINEからお申込みください。

 

不定期におトクな腸活情報も配信しておりますので、登録だけでもしておくことをおすすめしております♪

 

腸もみ施術を受けたお客様の声について詳しく見る

オンラインでの腸活サポートについて詳しく見る

関連記事

この記事へのコメントはありません。

腸内環境を整えるコンビニの食べ物とは?【腸活】